久しぶりにいらないPCでCentOSをインストールしてサーバ作ろうと思ったのですが、
空のDVDがなかった。。。なので、個人でjuniperのイベントに行った時に4GBのUSBをもらったので、
これにCentOSのISOをぶち込んでインストールしてみました。
結構便利なのでやってみるといいです。


■CentOS7ではなくCentOS6.8をダウンロード

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6/isos/x86_64/

今回はミニマムのCentOS-6.8-x86_64-minimal.isoをダウンロードします。


■インストールUSBの作成

MacにUSBをぶち込みましょう。

・現状の確認

/dev/disk2がUSB。

・MS-DOS(FAT)形式で/dev/disk2を初期化

・確認

・ISOファイルの書き込み

一旦アンマウント

・書き込む

デバイスファイルは一般ユーザではないのでsudoを付けます。

・USBメモリを外す

・/dev/disk2が外されていることを確認


■PCにUSBを付けて電源を押す

BIOS画面が出たら、bootでこの作ったUSBの優先順位を一番にする
そうするとインストール画面が出てきます!


■まとめ

空のDVDに焼かなくてもOK!
USB軽い!w

参考
http://marmotte.pyrites.jp/blog/2015/01/04/create-bootable-usb-from-iso-file/

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra engineer/Site Reliability Engineering/In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 仮想化ならdocker。Python初心者。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す