Adachinですっ。

今回は久しぶりにZabbixでハマりました。

ローカル(zabbix-server)のログ監視はできるのに、

なぜリモート先のログ監視はできないのか。

ハマりまくったので、先輩に聞いたらある項目を設定するだけで解決となりました。

なので、みなさんハマらないようにzabbixログ監視の設定方法をブログします。

ハマれ!!!


■環境

・zabbix 2.4.2

・CentOS 6.6


■zabbix_agentd.conf

・zabbix-agent 再起動


■正規表現の設定

今回はmysqld_error.logを監視するために以下のように作成しました。

・条件式

・条件式の形式

・大文字小文字を区別

z01


■アイテムの作成

気をつけるのはタイプをZabbixエージェント(アクティブ)に、データ型をログにすれば問題ありません。
キーは今回どこのログを監視したいのか入れること。@以下は先ほど正規表現で指定した名前を入れます。z02


■トリガーの設定

名前はなんでもいいですが、条件式がzabbix2.4以上になると変わっています。

・条件式

z04

 

z03


■slackの通知で確認

テストとしてError系入れてみました。z05


■まとめ

みんなもハマらないようにしよう!
zabbixのバージョンによって条件式が違うから注意!

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra engineer/Site Reliability Engineering。 エンジニアぽくないとも言われる。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源がお亡くなりConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 仮想化ならdocker。Python初心者。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す