Adachinですっ。

今回は久しぶりにZabbixのネタなんですが、

もともとデフォルトでディスクのトータルと空き容量のトリガーなどあるのですが、

納得いかず、1から自分でテンプレート作り、ディスク使用率は出るものの、

空き容量は表示できて、トータルが出ない、でも他のサーバには表示出てるといった、

わけわからん状態が続き、そして二ヶ月の月日が流れましたw

そして、今日!ひらめきが天から舞い降り、原因が分かったのでブログします。


■テンプレートの作成

まず、デフォルトで「Template_OS_Linux」があるはずなのですが、これは

サーバのメモリとかCPUとかロアベとか基本的なサーバ情報を表示させるテンプレートで、

このテンプレートを使ってディスク監視を追加するイメージです。

僕はサービスごとに分けて使っています。

まずはディスクディスカバリというディスク系のテンプレートを作りましょう。

z01

ディスカバリルールを以下の様に記入します。

z02

フィルターも以下の様に記入します。

z03


■アイテムのプロトタイプの作成

ここではディスクのトータルや空き容量などを表示させるようにします。

z04

ディスクトータルの設定を以下の様に記入します。

注意するのはデータ型を数値(整数)にし、データの形式を10進数にします。単位は空白で。

z06

 

ディスク空き容量も同じように記入します。キーfreeにするくらい。

z05


■トリガーのプロトタイプの作成

ここではアラート系ですね。

ディスク容量が75%以上になるとアラート出すようにしています。

z07


■グラフのプロトタイプ

トータルディスク容量と空き容量をグラフで表示させましょう。

グラデーションにして分かりやすくなどなど。

z08


■確認

できたあああああ

z09


■まとめ

なにが原因だったのか。
アイテムのプロトタイプの設定で、浮動小数点にし、符号(バイト)と指定すると
値がオーバフローしてグラフ表示が出なくなってたみたいです。
そもそもググると浮動小数でやってる人がいるんだけどな。。。
バージョンによりけりかな。(ちなみにバージョンは2.4です)

参考:http://serverfault.com/questions/439865/zabbix-not-getting-data-for-one-filesystem

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra engineer/Site Reliability Engineering/In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 仮想化ならdocker。Python初心者。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す